content-single.php

婚活もいよいよAI時代?

婚活マーケットにおけるAI活用の実例として、ロボット婚活という婚活があるのをご存知でしょうか?

日曜日の朝の番組「ワイドショー」でも取り上げられたのでご覧になられた方もいらっしゃると思います。

ロボット婚活は会話に苦手意識を持っている婚活者の代わりにロボットが会話を進めて相互の理解を深め

婚活の成功をサポートするというものです。それぞれ自分の分身となる「ROBOHON」(ロボホン)というロボットが

テーブルをはさんで向かい合ったカップルの間に置かれ、会話は基本、このロボホンが行うということです。

パーティーの当日は第1部が「ロボットの会話のみ」で交流し、第2部で「ロボットの会話の後に本人同士で会話」の形式となり

しっかりとカップルが成立するとのことです。参加者の満足度は80%にのぼり、「ロボットのおかげであまり

緊張しなくてよかった」「ロボット会話が基本情報となり、5分間の実際の会話で質問がしやすかった」などの

感想が寄せられたそうです。

ロボホンは基本、あらかじめプログラムされた参加者の年齢や、趣味などいくつかの情報しか話すことができません。

またロボット同士の会話は5分程度ですが、それでも参加者からは比較的高い満足が得られ、数組のマッチングに成功したということは

現在の婚活者には、お見合いの時の単純な挨拶や会話のきっかけづくりが、私たちの想像を超える大きな負担となっているのでしょう。

現代の方たちは常にスマホを片手にSNSでのコミュケーション能力にはたけていますが

いざ異性を前にしてのリアルなコミュニケーション能力の欠如にはかなり悲劇的なものなってしまい悲観したくなります。

このような現状にさらに私たち仲人の役割が大きくなってきていると実感します。

最新ロボットが私たちに教えてくれているんだと思います。

今まで以上に婚活をされている方のコミュニケーション能力のお手伝いをしていけたらと思います。

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加