content-single.php

子供にとって親って本当にありがたい

娘の出産から今日で5日目、昨日無事娘と孫が退院してきました。

この5日間、私は娘の自宅で家政婦に徹しました。朝、ご主人と孫たちにご飯を食べさせ

会社と学校へそれぞれ送り出し、それから3歳の子の面倒を見ながら、大量の洗濯をして、お風呂の用意、夕飯に支度をします。

孫たちは学校から帰ってくると、バレーボールの練習へ出かけます。送り迎えははチームメイトのお母さんがやってくれます。

旦那さんは帰宅するとすぐ娘の病院へ出かけます。

孫たちが帰ってくるのが8時半ごろ、旦那さんは9時ごろそれから夕飯です。

このうちはこの遅い時間の夕飯が当たり前なのだそうです。夕飯のおかずは子供たちのリクエストの答えます。

主人は6時半ごろ娘の家に寄ってくれるのですが、お風呂に入って孫たちが帰ってくるのを待ち一緒にご飯を食べます。

そして10時過ぎごろ自宅に帰ります。結局、お風呂に入りに来てご飯を食べに来るだけなのです。

この間地元でのお見合いの立ち会いが出来ず会員さんにはご迷惑をおかけしました。

娘も帰ってきたことだし、明日から旦那さんが育児休暇を取ったということで、今晩自宅に帰ろうと思います。

家族が一人増えたのはとっても嬉しいことで、娘の家族の世話をすることは親として苦にはなりませんが、でも少し疲れました。

子供にとって親って本当にありがたい存在なのです。だれもほめてくれないから自分で自分をほめましょう。

事務所ではだいぶお見合いの件数が増えたようです。明日からは今度は会員さんのお世話を一生懸命しましょう。

 

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加