あるB男さんの成婚例(男性29歳 初婚 会社員)

お問い合わせはこちら

あるB男さんの成婚例(男性29歳 初婚 会社員)

あるB男さんの成婚例(男性29歳 初婚 会社員)

2020/07/20

あるB男さんのお話(成婚例)

若いだけに行動的な彼でした

あるB男さんのお話(成婚例)

男性 29歳 会社員のお話

B男さんは29歳と若いだけあっていきのいい男性でした。私達の世界での登録は最近男性女性とも年齢が上がってきて、B男さんのように29歳はとても若い部類に入ります。

お相手は3つぐらい上の32~3歳くらいまでOKと言うことでした。39歳の男性が42~3歳くらいの女性は希望されませんが、年齢が若いと年上は気にされません。

女性の年齢の中心は30代ですが、それでも20代の女性の登録も多くお見合いは最低でも月に1回は出来ました。ただ性格的にあっさりしていると言うか、お付き合いに入っても連絡をして返事がなかったりすると、この女性は付き合う気がないとあまりお相手の理由を詮索せずにすぐ断ってくるのです。ですからお付き合いに入っても長続きしないのです。そういうことが、何回か続き彼を事務所にお呼びしてすぐ断る理由を聞いてみました。

彼が言うには留守電に返事をほしいと入れても何もないので、気持ちが冷めてしまうと言うことでした。返事がほしいとの留守電が入っていれば、当日は無理でも翌日にでも返事をされるのが常識だとは思いますが、お相手の事情もあるので一言こちらに相談してほしいとアドバイスをしました。そうすれば相談室を通して聞くことが出来ます。彼の思った通りかもしれませんし、また違う理由が合ったかもしれないからです。私達仲人をもっと使ってほしいと言いました。

それから少し考え方も変わったようで、お相手とのやり取りがうまく行かない場合はこちらに相談をしてくれるようになりました。お相手の事情も考えるようになってずいぶん成長してくれました。

ご縁が合った女性は2つ年下の小田原の方でした。お見合いには彼の住まいである相模原から小田急線のロマンスカーで小田原まで出向いていきました。彼はきっと道中ずいぶん遠いと感じていたと思います。でもご縁のある方には距離は関係なかったのです。

交際に入り、1ヶ月目に交際状況を聞きましたらとてもうまく行っていて住まいの距離も関係なく毎週会っているようでお見合いから4回会ったとのことでした。早速お相手の支部へ連絡を入れたところ、彼の報告と同じような内容の報告を彼女はしていたようでした。二人の気持ちの盛り上がり方は目に見えるようでした。若いカップルには往々にしてこういうお付き合いがあります。

お見合いからとてもお話が合ったのでしょう。そして彼女も彼の嫌う返事の遅い女性ではなく、連絡のやり取りがスムーズだったのだと思います。あとは二人の気持ちを大事にしながら、結婚までのレールに乗せてあげるのが私達仲人の仕事です。幸いにも彼女の仲人さんもベテランで、私と考え方が一致しました。

彼女の親へご挨拶に行ってほしいとの要請が彼女の仲人さんからありました。

娘を結婚させると言うことに親は親で考えがあるようで、仲人さんに相談をしていたようでした。その相談というのはやはり住まいの距離でした。このお宅は2人姉妹で彼女は長女でした。養子さんは望まれてはいないようでしたが、近くの方とのご縁を望まれていたようでした。

二人では相模原に住む話になっていたようです。彼を事務所に呼んで親から住まいのことで聞かれても答えに詰まらないように言い方の特訓をしました。

彼にはお見合いに行くときは小田原は遠くに感じたはず、でも彼女と付き合いようになって遠く感じたかどうか聞きました。遠く感じなかったと同じ神奈川県、ロマンスカーでも町田から小田原まで1時間足らず決して遠い距離ではないと、何か合ったらすぐに駆けつけられると言うように教授しました。

ご挨拶に行ったとき、やはり住まいのことを聞かれうまく答えられたと喜んでいました。

息子より若いB男さん、とても素直で教えがいがありました。ラブラブだったお二人、今頃はお子様に恵まれていることでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。