ご成婚例を追加させていただきました

お問い合わせはこちら

ご成婚例を追加させていただきました

ご成婚例を追加させていただきました

2020/10/09

あるM巳さんのお話

31歳 男性 医師

M巳さんは当会で歯科医だったお姉さんのお世話を終え、お母様経由でご入会されました。兄妹でお預かるすることは珍しくありません。一人でも身内の方をお世話をしますとそれが信用になります。お姉様がお子様も出来て、とても幸せになっていることからお母様の当会に対する信頼は大きかったようです。

M巳さんは31歳でお仕事はドクターでした。お姉さんではお相手探しに苦労をしましたが、男性の医師はそれこそ引く手あまたなのですが、以前他の支部さんの会員さんで当会の女性と当会の事務所でお見合いをされたときに、とても横暴な態度でお見合いをされた方がいて面接前はそのような方だといやだなあと思っていました。

お見合の世界はプロフィールから入りますので、高学歴の女性はそれなりの方ということで高学歴の男性を希望されます。そのような男性はご自分の条件を多分わかっているのでしょう。なかにはあまり謙虚でなく、態度が横柄な方もいらっしゃるのです。

初めてご来社されお話を聞きますと希望は25~6歳の方できれいな方ということでした。そして同業者は絶対にいやだと言っていました。その時はやはりこの方もかと思いました。

お相手検索ではご自分でお申し込みされても5人中4人はお見合い承諾が来て一生懸命お見合いをセットしましたが、交際に入ってもなかなか決まりません。

主人がいろいろとアドバイスをして、彼の本音の部分を聞きだすことが出来ました。お見合の回数を重ねる毎にだいぶ彼なりに学習をされ、それを主人に言っていたようです。

いい人がいればすぐにでも決めたいと言っていて、女性への彼なりの基準は本当に結婚をしたいと思っていて、自分が連絡をするばかりでなくたまには女性からも連絡をして欲しいとそれがお相手の結婚への一生懸命さではないかと、そして留守電なりメールなりの返事が遅い女性は責任感がなくルーズと言うことでだめだということでした。

主人も「なかなか鋭いところをついているなあ」と感心していましたが、どうしてもこの世界が長い女性は女性なりの学習だと思うのですが男性を観察するあまり出方をみる傾向があります。女性特有のしたたかさというか駆け引きを使うようです。

自分の結婚なのですからお相手を知る意味で、興味のある男性には自分から仕掛けていってもいいと思います。

結局彼と決まった女性は、初めてのお見合いでへんな駆け引きがなく恋愛感覚だったのが彼にはとても新鮮だったのでしょう。お見合い後2~3回会ってすぐに気に入ったと主人に報告をくれました。

あとは私達仲人の腕の見せ所です。お相手の支部へ連絡をして彼女も気に入っていることを確認し、これからの女性の希望を聞きました。名古屋の女性だったのでこちらへの土地勘がなく、結婚生活を始める当たって彼のマンションの近辺を見たいとのことでしたので早速彼に連絡をしました。

行動の早い彼は、早速彼女に連絡をしてこちらに来てもらう約束をしました。自宅近辺を見せ、自宅に招きそこでプロポーズ。

翌日主人にプロポーズをしたとの報告をくれたのですが彼女の返事がもらえなかったということで支部へ連絡をしました。プロポーズは「結婚をしてほしい」という言葉を必ず入れるようにアドバイスをしていたのですが、そのフレーズをいれず「一緒に暮すところはここだよ」というような言い方だったらしいので彼女にはうまく伝わらなかったようでした。

そのことを彼に伝えましたら、その晩に電話で改めてプロポーズをされ、いいご返事を頂いたようでした。

少しせっかちだったM巳さん、でも行動の早い彼でしたので大事にはならず無事結婚されました。

彼の結婚相手に対する考え方には勉強になりました。当会の女性へのアドバイスの参考にさせていただいています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。